離婚カウンセリング有効活用法

離婚カウンセリング有効活用法
www.ryanhillmusic.com

離婚カウンセリング有効活用法

離婚カウンセラーに相談する前に、今の自分の状況をしっかりと把握しておきましょう。
相談内容を明確にしておけば、カウンセラーもカウンセリングしやすいと思います。
時間短縮がカウンセリング料の削減に繋がります。
相談する前にしっかりとまとめておきましょう。

まず根本的な問題は離婚をしたいかどうかです。
離婚問題を抱えている人はまずここを問いただしてみてください。

・離婚したい
・離婚を回避したい
・離婚を迷ってる
・とにかく教えてほしい

など大まかでも良いので、将来自分はどうしたいのか。
目標はどこなのがを明確にしておけば必ず良いアドバイスをもらえるはずです。

「とにかく教えてほしい」というのは、もうどうしていいかわからないという人もいるということです。
何が正しいのか間違っているのかわからない…。
つまり一人で悩んでしまったり、逆に色々な意見を聞きすぎてしまった人など。
こういう方は多いと思うので、とにかく教えてほしいという人も離婚カウンセリングを利用してみてください。

また「離婚したい」ともう決定的に思っている人、その気持ちが揺るがず絶対に離婚をしたいという人もまずは離婚カウンセリングで相談してみましょう。
本来であれば弁護士に相談しても良いのですが、まずはワンクッション置いて離婚カウンセリングへ行くのをおすすめします。

まずは冷静になり、決定的なことがあったとしてもなぜその決定的なことが起きたのかを聞いてみましょう。
それでも気持ちが揺るがないのであれば、離婚とはどのように進行するのか聞いてみても良いと思います。

離婚決定!!と思っていてもまずはワンクッション置いてみる。
これが離婚カウンセリングの有効活用法だと思います。

無料で離婚相談

copyright(C)ここぞという時の離婚カウンセラー